Google Dance Osaka 2018に行ってきました

2018年11月15日開催のGoogle Dance Osaka 2018に行ってきました。

Google Danceとは

本ブログのテーマであるクラウドとはちょっと離れるかもしれませんが
「Google の検索チームと、ウェブマスターやサイト運営に関わる皆さんを結ぶことを目的」としたイベントということでユーザー的なポジションで行ってきました。

参加者の方はWeb制作の方より企業のWeb担の方や広告、SEO関連の方が多いのかなといったイメージでした。

東京で何度か開催されているのをWebで見ていて一度行ってみたいと思っていたイベントです。
大阪は今回が初開催。参加は抽選でしたが運よく当選。

また東京ではいつもGoogle社内が会場とのことで、社外の会場で開催されるのも今回が初だったそうです。

googledanceosaka

ノベルティにいただいたTシャツ。大阪ということでたこ焼きモチーフのロゴですね。
万博が大阪で開催されることになったらdoodleもこんな感じになるんでしょうか?

そして参加者証。
googledanceosaka_strap
会場見渡すとストラップの色は緑の他、赤・青・黄色があったようなのでもしやGoogleカラーに合わせていたのかな?

セッション

セッションは以下の4部構成

  • Google社員の方々のセッション
  • Googleオフィスアワー
  • 一般?の方のセッション
  • Lightning Talk

Googleの方々によるセッションは英語でしたが同時通訳をしてくださっていたので英語がからっきしの私でも理解出来ました。

googledanceosaka_trancelate

よくこういった専門用語がたくさん入るイベントの同時通訳だと「?」な訳がちょくちょく入って頭の中でだいぶ咀嚼しないといけないことがよくあるのですが、今回はまったくそういうこともなくとてもわかりやすくスムーズに訳していただいていました。
そこそこWEBの知識のある通訳の方だったんでしょうか?とても素晴らしかったです。

セッションの詳細に関しては参加者のお詳しい方々のツイートなどの方が正確だと思いますので
ハッシュタグ #GoogleDanceOsaka を追ってみてください。

セッションの中でよく出てきた「ココ見ておけ!」的なリンクを紹介しておきます。

ウェブマスター オフィスアワー

今回のGoogle Dance Osaka でセッションの合間に設けられたQ&Aコーナー。

「サブドメイン、サブディレクトリどっちがよい?」「結婚式、ウェディングなどの表記の揺れの影響は?」などなどあらかじめ寄せられた興味深い質問にGoogleの方々が次々と答えていくスタイル。

やはり現場の担当の質問と中の人の回答が生で聞けるというのはとても貴重です。「やっぱりそうか」と思うことや逆に「えっ、そうなの!?」となることもありとても参考になりました。

イベントで直接見れるというのはなかなかないかもしれませんが、オンラインではウェブマスター オフィスアワーと題して情報交換の場を開催されています。Youtubeでチャンネルもありますので興味のある方はご覧になってください。
質問フォームもあるようなので質問のある方はオンラインの場を活用するのもよいかもしれません。

Google Danceは今回が最後!?

大阪初開催にしてなんとGoogle Danceという形でのイベントはこれが最後だそうです。
とはいえまた別の形で開催していくようです。

Googleの中の方のお話を直接聞けたり交流できるという貴重なイベントなのでぜひ
新たなイベントも東京だけでなく全国でで開催していただきたいですね。

あっ、ちなみにこちらの写真はもちろんGoogle Pixel 3 で撮られていましたよ。

Googleの皆様、素敵なイベントありがとうございました。