初心者の私が新しいWordPress「Gutenberg(グーテンベルク)」を使ってみて感じたこと

なるほどクラウドはWordPressを使っています。普段Web制作に携わっていないメンバーで運営していますが、わりと気軽に自力で更新できています。

開設から約3ヵ月、WordPress初心者の私がようやく慣れきた今日、WordPressのバージョンアップで管理画面が思いのほか大きく変わってしまいました。界隈では以前から話題になっていた、メジャーバージョンアップだそうです。

ダッシュボードを見た瞬間迷えるレベルの大変更です。元に戻してほしかったけど、ちょっとしばらくやってみよう!ということで新しい管理画面を初心者が使った感想をレポートしたいと思います。

WordPressのグーテンベルグで何に戸惑ったか

執筆用のエリアがシンプルなりました。
以前は本文の入力エリア全体があらかじめ用意されていて、形式に合わせて穴埋めしていく感じでしたが、グーテンベルグは、真っ白のキャンバスに自分が書きたいようにレイアウトしていくタイプのようです。ちなみに最初にでてくるのは↓これだけで、完成系がイメージできません。

シンプルすぎて逆に戸惑う投稿画面

Start writingと書いてあるので、恐る恐る、文章を入力していくと、改行するたびに勝手に新しいブロックが生まれます。試しにテキストエディタで書いた文章を張り付けても、改行位置で自動的にブロックが分かれました。文章だけでなくて、見出しも画像も、1つ1つブロックが作られていきます。

次々と生まれる新しいブロックに、最初はかなり違和感あったのですが、このブロック、どうやらマウスで掴んで自由に動かせるようです。今までは、文章を書いた後に構成変更するときは、コピペで調整していましたが、とりあえず書いて、あとからパズルのように動かすことができます。これは慣れると便利になりそうです。

文章の装飾もブロックごとに指定します。引用やリスト表示、見出しタイプ(H2、H3)もブロックのすぐ左上にメニューがでるので、わざわざテキスト範囲を選択して装飾するという作業がなくなりました。基本的なものは揃っているので、TinyMCEがなくてもいけそうです。

ブロックの左上の方にマウスをもっていくと、エディタのメニューがでてきます。

ブロックが細かく分かれているのも何気に便利に思えてきました。特に画像が1つのブロックになってくれるのが便利で、気軽に挿入して、後から好きな場所に、ひょいっと移動させられます。

初心者こそGutenberg!

以前の編集画面に慣れているというほど使ってはいませんでしたが、他のブログサイトやWEBメールの画面っぽい操作感が身についているのか、最初はGutenbergに違和感しかなかったです。これまで使いこんでおられる方はもっと激しい違和感だと思います。

TwitterなどをみているとClassic Editor プラグインを入れて前の編集画面に戻している方がたくさんおられるようで、私も最初戻してほしかったのですが、いざ使ってみると以前よりも直感的に操作できるような気がします。

初心者の方がスーっと入ってくるというか、難しく考える大人より何も教えてない子供の方がiPad使いこなせたりする、あれですかね。

今回は文章と画像だけですが色々なことができるみたいですね。エクスペリエンスページを見ながらもう少し勉強してみたいと思います。

文字を入力したり、ブロックを追加削除したり、Gutenberg機能を自由に試せます

さいごに

なんとなく新しいWordPress「Gutenberg(グーテンベルク)」使ってみましたがちゃんと書けていますでしょうか?

もともとWordPressを使いこなせているわけではないので、少々変わっても大丈夫だなと、編集部満場一致でバージョンアップしたのですが、機能改善というよりは、記事の書き方の手法を変える提案のような変更で、結構戸惑いました。

実際使ってみると、なかなか便利だったのでまずは1本記事を書いて体験してみてはどうでしょうか。この記事一つ書いただけですが既に慣れた感じがしたくらいですから第一印象だけで戻してしまわないでまずは使ってみると意外に捗りますよ。