ソフトバンクの子会社になったのでAlibaba Cloud(アリババクラウド)を使ってみる

Zenlogicがお届けする、クラウド導入のお手伝いになる情報を発信するサイトを開設しました

クラウド型レンタルサーバをいち早く提供したり、AWSを利用したZenlogic ホスティング Powered by AWSを提供したりしている弊社ファーストサーバでは基盤となるIaaSの他、さまざまなクラウドサービスを利用しています。

クラウドサービスを導入することで「便利になった」、「コストが削減できた」、「導入が困難だった」、などなど様々なエピソードがありますが、これからクラウドサービスを導入する企業の方々向けにそういった情報を発信していこうと思います。

どちらかというとテクニカルではなくてクラウド化とかクラウドサービス導入によるメリット的な情報を発信していこうと思います。

このサイトのサーバー環境

このサイトを立ち上げるにあたってサーバ環境の選択肢はいろいろありました。

  •  提供しているいわゆるレンタルサーバ Zenlogic
  •  勉強のために他社のレンタルサーバー
  • AWSで1から構築
  • 最近弊社で提供開始した Zenlogic ホスティング Powered by AWS

いろいろ考えた挙句、今回は後学のためにAlibaba Cloud(アリババクラウド)を使ってみることにしました。
Alibaba Cloud東京リージョンのサーバです。

Alibaba Cloud(アリババクラウド)とは

Alibaba Cloudはご存知の通り中国の E-commerce 企業である Alibabaグループのクラウドコンピューティングサービスです。
出自はなんとなくAWSと同じ感じですね。
日本ではSB Cloud株式会社というソフトバンクのグループ会社がサポートしています。
※弊社も2018年3月30日からソフトバンクの完全子会社になりました。

管理画面なども日本語で表示されます。

正直、中国向けでもないサイトをAlibaba Cloud(アリババクラウド) 上で構築するメリットがあるのか?、怪しくないのか?
という何の知識もない状態ですがとりあえず使い始めてみることに。

アカウントの作成などはまた別に書きますが、新規登録時には30,000円のクーポンがもらえます。

Alibaba Cloud(アリババクラウド)でWordPress

CMSは社内で使い慣れているWordPressを採用しました。
Alibaba Cloudでもやはりユーザが多いのか、
公式サイトにWordPress Web サイトの導入手順 というコンテンツが準備されています。

いろいろほかにも調べているとなんとAlibaba CloudにもプライムストラテジーさんのKUSANAGIが!
KUSANAGIはあらゆるパブリックに対応していますね。

本当はいろいろ調べて1から構築していくのがよいのでしょうが今回は時間の関係でKUSANAGIを利用させていただきました。
手順はこちらに書かれている通り簡単にできます。

テーマはSnow Monkey

弊社ではテンプレートキングというWordPressの無料テーマを提供しているのですがオウンドメディア的なものには合っていないので別のテーマを選択することにしました。
最近いろいろなサイトで利用されているSnow Monkeyを利用することに。

個人的にも利用したことがあるのですが、ほんどテンプレートファイルをいじることなく
いろんなことができてとても便利です。

Alibaba Cloud(アリババクラウド)での注意点!

KUSANAGIとSnow Monkeyで簡単にサイトは作れたのですが一つ落とし穴が。。。

このサイトにもMW WP FORMとさらにプラグインフォームジェネレーター利用してかなり楽ちんにお問い合わせフォームを作りましたがメールが飛ばない。

Alibaba Cloud(アリババクラウド) では25番ポートがブロックされていて自由にメールを送ることはできません。もちろんVM上にメールサーバを構築するなんてできません。(なんとなく想像してましたが)
そのため通常であればフォームから送られるメールはプラグインの設定で自由に設定できるのですがそれだけではNG。
プラグインの種類を問わずAlibaba Cloud(アリババクラウド)特有の問題です。
対応策としては以下2つ

  • ポートの変更と申請を行って一定の制限下でメールを送れるようにする
  • 外部のメールサーバを利用する。

今回はWordPress のプラグイン「 WP Mail SMTP 」を入れて対処することにしました。
Alibaba Cloud(アリババクラウド)の制限などについてあらためて記事にしたいと思います。

まとめ ーはじめてのAlibaba Cloud(アリババクラウド)-

いろいろな不安の中、結構なチャレンジのAlibaba Cloud(アリババクラウド)でのWordPressサイトが公開できました。
今回はすでにあるツールでなんとか簡単に構築できましたが、なんせ情報が少ない!
AWSだと色々な情報がユーザさんによって公開されていますがAlibaba Cloudはまだまだ少ないです。
利用し始めたところですがこちらのサイトでもAlibaba Cloud(アリババクラウド)の情報を公開していこうと思います。